クラシックエディタ画面の基本

WordPressのクラシックエディタの画面は各パネルがそれぞれあり、大きく大雑把に見ると

タイトル編集エリア
タイトルを作成編集していくところです。
コンテンツ編集エリア
コンテンツを作成編集していくところです。 2つの入力モード (テキストモード・ビジュアルモード) があります。
サイドパネル
作成する投稿や固定ページの各種設定をしていきます。
フッターパネル
作成する投稿や固定ページの各種設定をしていきます。

で構成しています。

クラシックエディタの編集画面は、タブ「表示オプション」でパネルの表示・非表示などカスタマイズができます。